石川県立音楽堂
日本語 English 交通アクセス  お問合せ・アンケート  サイトマップ
トップページ 音楽堂チケット取扱公演 県立音楽堂について 施設貸出について 会員サービス
トップページ > 音楽堂について > コンサートホール【概要】
県立音楽堂についてフロアガイドコンサートホール1階座席表2階座席表3階座席表ステージ解説パイプオルガン邦楽ホール交流ホール音楽堂チケットボックス

コンサートホール

綿密な音響設計が生み出す美しい響き、ステージと客席は一体となり、会場は感動に満ちあふれる。そんな理想の音楽空間です。
コンサートホール概要
高い音響特性と優れた臨場感、そして優雅な雰囲気を有したコンサートホールは、荘厳な響きをもたらすパイプオルガンを備え、石川で生まれ育ったオーケストラ・アンサンブル金沢の本拠地として、また、室内管弦楽・室内楽・ピアノを演奏・鑑賞する場として、理想的な環境を実現しています。
音響実験を何度も行った結果得られた数値と専門家の意見をもとに、残響時間、ホールの形状・容積、天井高、客席構成、内装仕上材料などに細かな配慮をして設計しました。中でも、ホールの形状については、敷地形状、建物の全体構成、客席規模を考慮して、豊富な反響が得られるシューボックス型を採用。その他、客席規模は室内管弦楽を鑑賞するのにちょうどよい1560席とし、バランスのよい音響、迫力ある臨場感を味わえるようになっています。1560席というのは、シューボックススタイルの原点となったライプツィヒのケヴァントハウスと同じ席数であり、クラシックの様々なレパートリーを演奏するのにふさわしいコンサートホールであると言えます。
コンサートホール コンサートホール コンサートホール

シューボックス形式

主にクラシック演奏を目的とするシューボックス形式。“シューボックス”という名前は、その形状がくつ箱に似た長方形であることに由来するもので、1781年に完成したライプツィヒのケヴァントハウスが起源であると言われています。側方の反射音が多く、豊かな響きを生み出すのが特徴。クラシック音楽のコンサートホールとしては最も優れた形の一つとされ、ウィーンのムジークフェライン、アムステルダムのコンセルトヘボウなど、有名なオーケストラが本拠地とするホールに多く採用されています。
客席/ホワイエ

ホール構造

ホールの主階は2階とし、4階までの三層構造になっています。客席は1階席、2階席、2階バルコニー席、3階席、3階バルコニー席から構成され、その中には車いすスペースも含まれています。楽屋・楽器庫は舞台と同じ階、および1階上に設け、邦楽ホールとも共有することが可能です。また、JR金沢駅に面した1階エントランス、バーコーナー、クローク、ホール・ホワイエを備えた2階エントランス、3階ホワイエなどの設備は、ゆったりとコンサートを楽しめる環境を演出してくれます。
コンサートホール断面図
形状 シューボックス型
残響時間 1.8〜2.2秒(満席時)
室内遮音 NC-20以下
ホール面積 6971平方メートル
客席 合計 1560席 (うち障害者席8席)
1階席:704席(車いすスペース「障害者席」8台分)
2階席:414席(うちバルコニー122席)
3階席:442席(うちバルコニー134席)
パイプオルガン 69ストップ ドイツ カール・シュッケ社製
楽屋 洋室10室(個室6室、小楽屋1室、中楽屋2室、大楽屋1室)
一部楽屋にピアノ、トイレ、シャワー各部屋に姿見、テレビモニター付
関係設備 バーコーナー、クローク、ホールホワイエ、シャワー室など
ページ上部へ戻る
サイトのご利用について 個人情報保護について